スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権現の大銀杏

今日は天気が良かったので、ドライブ気分で爽快に北上中

先日までの駒ヶ岳の雪もすっかり解け

IMGP1481.jpg

里の紅葉も終わり、どこも冬支度と思いきや

まだ黄葉し始めたばかりの樹を発見

IMGP1490.jpg
『権現の大銀杏』と言われ、世界遺産センター藤里館から藤琴川を挟んで
向かい側の奥手に見えます。近寄って見ると


IMGP1498.jpg
幹周りおよそ9m、樹高24mと岳岱の400年ブナより大きく
弘法大師の言い伝えがあるなど、歴史もかなり古く、スケールが大きく
威風堂々と鎮座しております。
下から分割写真で見ると


IMGP1494.jpg
IMGP1492.jpg
こんな感じ

IMGP1495.jpg
全体が黄葉するまでは、もう1週間ぐらいかかりそうなので
来週以降の満開の黄葉を是非、キャッチしたいと考えている
今日この頃なのでありました。・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。
大沢のケヤキそして滝をめぐり道路から見るとまだイチョウが緑でしたのでよらずに来ました。そろそろ見頃でしょうね!!
バイカモ藻まだ咲いているのに驚きでした。
素波里から見る冬景色を見たいと思い2月に訪ねたいと思っています。
素敵な権現のイチョウ見るのも楽しみです。

ビオラ様
いつもありがとうございます。
権現の大銀杏も間もなく黄金色に輝く時を迎え、一斉に葉を落とし
翌年の豊作を占ってくれます。
引き続き状況を伝えれればと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。