スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤琴川・粕毛川にてイワナ・ヤマメ放流を行いました!

SKKK0772_R.jpg

みなさんこんにちは!
だんだん気温が高くなってきて、夏が近づいてきた気がしますね。
藤里には海が無いので、水辺で遊ぶとなればやっぱり川!!
今日は漁協のみなさんと一緒にイワナ・ヤマメの放流に行って来たので、その様子をご報告します!!

SKKK0723_R.jpg

SKKK0725_R.jpg

まずは業者さんから届いたイワナ・ヤマメの稚魚を、放流場所ごとに袋に分けます。
集合場所からかなり距離がある放流地点もあるので、しっかり酸素を送り込んで稚魚が窒息しないように入念に梱包します。

SKKK0733_R.jpg

放流地点に到着!
ここでは橋の上からロープの付いたバケツで魚を放流していますね。

SKKK0748_R.jpg

SKKK0746_R.jpg

今度は直接川岸まで行って放流。

SKKK0750_R.jpg

急に周りの景色が変わって驚いてるかな?
すぐに元気に泳ぎまわる魚、同じ場所にいつまでもじっとしている魚、様々です。

SKKK0761_R.jpg

SKKK0763_R.jpg

魚道の無いえん堤がある場所は、えん堤の上まで行って放流します。
増水などで流されること無く、大きくなって欲しいものです・・・・・・。

ヤマメ放流


私も渓流釣りが大好きなのですが、たくさん魚のいる川(そして釣れる川)というのは楽しいものです。
藤琴川・粕毛川の数十年前の様子を知っている方の話を聞くと、昔は今よりもずっと水量も多く、今ではイワナしかいないような上流部でもヤマメが見られたそうです。
そして何よりサイズが違う!
40センチ以上もあるような大イワナ・大ヤマメもたくさんいたんだとか・・・・・・うーん、その時代にタイムスリップしてみたい!そして釣ってみたい!
今回放流した稚魚たちが立派に成長して、そんな在りし日の川の姿に近くなってくれればいいなぁ・・・・・・と願いつつ、帰路に着きました。
(厳密に言えば、養殖された稚魚はもともとその川にいた魚ではないので、単純に数が増える=元の姿に戻る、というわけではないのですが・・・)

・・・・・・それはそれとして、綺麗な渓流をたくさん観ていると、竿を持ってこなかったのが悔やまれてなりませんでした(あ、そもそも仕事中でした)。
みなさんもぜひ、藤里の川に遊びに来てくださいね!とっても楽しいですよ!

成



※釣りには遊漁券が必要です。

◆お問い合わせ◆
粕毛漁協(藤里町商工会内)
0185-79-1529

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。