スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤里の魚】 渓流の王者・イワナ

IMG_1080_R.jpg

みなさんこんにちは!
今回紹介する藤里の魚は、渓流の王者・イワナです!

IMG_0958_R.jpg

イワナ【岩魚】は冷水を好み、河川の最上流部を住処とする魚です。
肉食性で、エサの少ない源流部では他の水生生物や昆虫、時には川ネズミや蛇まで貪欲に捕食することもあるそうです。
藤里町では藤琴川・粕毛川の上流部に生息しており、毎年シーズンになるとイワナをターゲットにした多くの釣り人が訪れます。
イワナはその性質からエサ釣りの他にも、フライフィッシング、ルアーフィッシングなど、様々な釣り方を楽しむことができます。
大物がかかったときの力強い引きは、一度体験するとクセになりますよ!

図2_R

藤里で釣れるイワナはサイズも良く、25~30センチほどの大きさのものもたくさんいます!
時には40センチクラスが釣れることもあるとか・・・・・・?
どれもとっても食べごたえがありそう!!

図4_R

また、イワナは美味な魚で、刺身や塩焼き、骨酒など様々な調理法で食べられます。
(個人的には塩焼きがおススメ!骨酒とあわせてイワナ尽くしなども贅沢!)
ちなみに藤里町内ではイワナを養殖しているところもあるので、釣りをしない方もイワナ料理を楽しんでいただくことができます!

1436268601318_R.jpg

イワナそのものだけでなく、イワナのすむ上流部も、迫力ある風景が魅力的です。
そのせいか、イワナ釣りをする人はたとえ魚が釣れない日でも、静かで神秘的な渓流の空気の中に身をおいているだけで、案外満足してしまうこともあるとか・・・・・・わかる気がします。

図1_R

さて、釣ることや食べることばかり書いてしまいましたが、イワナやヤマメなどの渓流魚は、その美しさも大きな魅力だと思います。個人的には、サンゴ礁などに住んでいる魚たちの美しさとは違う方向性で、非常に美しい魚のひとつだと思います。
パーマークと呼ばれる独特の斑点模様や、ヒレの赤みなどは、沢ごとに異なっているようです。
現在は放流事業も行われているため、以前に比べると沢ごとの特徴は薄くなってしまったかもしれませんが、色々な沢のイワナを釣り比べてみるのも面白いかもしれないですね!

ここまで書いてきたように、イワナはたくさんの魅力がある魚です。
その力強さや風格は、まさに渓流の王者!
みなさんも是非、藤里町に来た際は、イワナの魅力に触れてみてくださいね!

成


※釣りには遊魚券が必要です。

◆お問い合わせ◆
粕毛漁協(藤里町商工会内)
0185-79-1529

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。