スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤里の魚】 渓流のプリンス・ヤマメ

IMG_1013_R.jpg

みなさんこんにちは!
今回の魚は、美しき渓流魚・ヤマメです!


11140366_407178562799320_7834305686510946729_n_R.jpg

ヤマメ【山女魚】は、イワナ等と同じく河川の上流部に生息する魚です。
イワナに比べるとやや下流を住処としますが、やはり冷水を好み、またイワナ以上に警戒心が強いため、人の気配を感じるとすぐに隠れてしまいます。
肉食性で昆虫や他の水生生物を主なエサとしており、イワナ同様ルアーフィッシングやフライフィッシングの対象魚としても非常に人気があります。
独特のパーマークと呼ばれる斑点模様がイワナに比べて大きく、非常に見た目も美しい魚です。
個人的には最も美しい魚のひとつではないかと思います。

NEC_0495_R.jpg

また、ヤマメは食味も大変よく、同じ渓流魚でもイワナよりもヤマメのほうが好き!という人も多いようです。
やはり塩焼きがメジャーですが、こちらも刺身で食べることもあるそうです(※川魚の生食は十分注意して行ってください!)。
から揚げなんかにしても美味しいですよ!(下 写真があんまり美味しそうじゃなくてすみません・・・・・・)

DSC_0261_R.jpg

現在は藤琴川・粕毛川ともに砂防堰堤等が整備されているため、イワナの生息域とかなりはっきり分かれていると思われますが、堰堤がなかった昔の川の様子を知る人の話では、かなりの上流部までヤマメも生息していたとのこと。
そのせいかは分かりませんが、個人的にはイワナよりも大物が少ない気がしており、大きいサイズを釣り上げることができたらかなりうれしい魚だと思っています。

NEC_0550_R.jpg

なお、藤里では上流がイワナ、やや下ってヤマメという認識ですが、河川によっては源流までヤマメしかいないところもあるんだとか。
なんだか不思議な感じですね。

ちなみに藤里町内では、ヤマメは比較的民家が多いエリアでもまれに釣れることがあります。
私も渓流まで気軽に足を伸ばせなかった小学生時代、よく釣れるウグイ等に混じってたまにヤマメが釣れると、かなり「ラッキー!」と思って小躍りした記憶があります。

是非みなさんも、ヤマメとの出会いを求めて藤里に遊びに来てくださいね!


※追記 ヤマメにはもうひとつ別の名前がありますが、それは次回の更新で!


成


※釣りには遊魚券が必要です。

◆お問い合わせ◆
粕毛漁協(藤里町商工会内)
0185-79-1529

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。