スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『わくわく白神体験塾』が開催されました! ~1日目~

無1題_R

みなさんこんにちは!
数年前から行われている、藤里町と首都圏児童の交流事業「わくわく白神体験塾」が今年も開催されました!

『わくわく白神体験塾』は首都圏に住む子どもたちに、都会では体験できない農山村での生活や、ブナの森から流れ出る藤琴川での川遊び、秋田の郷土料理づくりなどを体験してもらうツアーです。
地元の藤里小学校の児童も一緒に参加して、交流を深めることができます。

(※チラシより抜粋)

今年のイベントには、埼玉県から10名、藤里町からは6名の児童が参加してくれました!
今回はその様子をレポートします!

○1日目
 
【午前7時15分】 

IMGP8650_R.jpg

IMGP8644_R.jpg

大宮駅にて、首都圏から参加の子供たちが集合!
どんな旅になるのかな?藤里町ってどんなところかな?初めて会う子たちと、仲良くできるかな?
・・・・・・みんなの期待と不安は、半々ぐらいでしょうか?
10名の旅の友達とスタッフを乗せて、スーパーこまちは北へ向かいます。


【午後1時00分】

SKKK1012_R.jpg

SKKK0995_R.jpg

藤里町の子どもたちと合流し、今回の旅の宿泊場所である「ぶなっこ教室」に到着!
(※「ぶなっこ教室」は、2000年に廃校になった小学校の校舎を改装した施設です。子どもはもちろん大人も対象にした自然体験教室などを開催しています。)
『出会いのつどい』では、「ぶなっこ教室」の佐尾校長先生からの挨拶に続き、子どもたちとスタッフの自己紹介タイム!
藤里町の児童6人が加わって、総勢16人で「白神体験塾」がスタートしました。
これから3日間、よろしくお願いします!


【午後13時45分~】

あいさつを済ませた後は、皆でバスに乗って山を目指します!
目的地である『岳岱自然観察教育林』は、白神山地の世界遺産地域と同様のブナ林の中を散策できるトレッキング・スポットです。

IMGP8686_R.jpg

岳岱に向かう途中の橋から、真下を流れる渓流を覗き込みます。
高~い!結構スリルのある眺めですね・・・・・・でも水が透き通っていてすごくきれい!

DSC_0805_R.jpg

岳岱に到着!ガイドさんの解説を聞きながら、ブナの森で自然観察をします!
白神山地には動物や植物、さまざまな生き物が暮らしています。
ブナをはじめとする沢山の木々。
クマやカモシカやサルなどの動物。
みんなはどこが印象的だったかな?

IMGP8713_R.jpg

IMGP8721_R.jpg

DSC_0815_R.jpg

【午後6時30分~】

岳岱から帰って入浴を済ませ、さっぱりしたところで本日の夕食はバーベキュー!
豚肉・鶏肉に加えて、ちょっと変わった所では羊肉(マトン)も用意されていました。
あとは地元で取れた新鮮野菜!好き嫌いせずに沢山食べてね!

SKKK1033_R.jpg

SKKK1038_R.jpg

「あわてなくてもお肉も野菜も沢山用意してあるよ!」
・・・・・・でも、やっぱりお腹もすいてるし、自然と食べるペースが速くなったかも・・・・・・?


【午後7時30分~】

夕食の後は、再びバスに乗って出かけます。
極力明かりをつけずに、月明かりを頼りに夜の森を歩く「ナイトハイク」。
ちょっと怖いけど、二人一組でしっかり手をつないで歩きます。

IMGP8823_R.jpg

明かりがないと、いつもはあまり意識していない周囲の音が、とてもよく聞こえます。
虫の声、カエルの鳴き声、水のせせらぎ・・・・・・何の音が聞こえたかな?
残念ながらカメラにはうまく写せませんでしたが、ホタルも飛び回っていましたよ!

IMGP8851_R.jpg

IMGP8846_R.jpg

しばらく歩いて、目的地である湧き水に到着!
冷た~い!!でもすごく美味しい!!
手ですくって飲むだけでは満足できず、頭から湧き水をかぶってみる人も・・・・・・自然の恵みをまさに全身で感じてますね!!


【午後9時15分~】

ナイトハイクを終え、ぶなっこ教室に戻ってきました。
長距離移動や山歩きですっかりくたびれた皆はぐっすり・・・・・・となるかと思いきや!

IMGP8886_R.jpg

突如勃発した枕投げ大戦!
今日初めて会ったメンバーも、すっかり打ち解けたみたいですね。

IMGP8878_R.jpg

でも、明日も明後日も沢山遊ぶんだから、夜更かはししすぎないでね・・・・・・。

成


(※2日目につづく)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。