スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもや堂リノベーションコンペ 最終公開審査会が開催されました!

SKKK1933_R.jpg


みなさんこんにちは!
10月30日(金)、以前このブログでも記事を書いた、藤琴商店街にある「かもや堂」のリノベーションコンペの最終公開審査会が開催されました!今回はその様子をご紹介します。
(以前の記事はコチラ → http://shirakamifujisato.blog106.fc2.com/blog-entry-385.html

SKKK1935_R.jpg

「かもや堂」は、かつて藤琴商店街にあった食堂「かもや食堂」を一部改装して、現在は藤里町の地域おこし協力隊の活動拠点として利用している施設です。
今回のコンペは、この「かもや堂」をリノベーション(改築)するアイデアを募集・審査し、かもや堂の新しい形をみつけるためのものです(特設ホームページはコチラ)。

全国各地から、全部で93件もの応募があり、その中から一次審査で13作品が選ばれました。
その13件の中から、最優秀作品イコールかもや堂のリノベーションプランを決定するのが今回の審査会です。

SKKK1913_R.jpg

会場となった三世代交流館には、平日にもかかわらず沢山の人が集まってくれました。
みなさん、かもや堂がどう生まれ変わるのか興味津々の様子。

ちなみに会場内には、1次審査で選ばれた13件を立体化した模型が並べられていました。
その中のいくつかをご紹介したいと思います!

SKKK1912_R.jpg

こちらは、かもや堂前の道路で駒踊りをしている様子まで作ってくれていますね!
(登録番号12番 「人と町を繋ぐまちあかりサロン」 4FA一級建築士事務所)

SKKK1936_R.jpg

こちらはメインの模型のほかに、補助的な模型をいくつも作ってくれて概要がわかりやすいように工夫してくれています。
(登録番号1番 「歴史と光」 建築設計事務所イーハンスタジオ 櫻井 嘉八)

SKKK1925_R.jpg

ギャラリー風の模型内に貼られている小さいポスターは、藤里町内で撮られた写真や切り絵を縮小コピーしたものです。
細かいところまで町の事を意識してくれていて嬉しくなります。
(登録番号81番 「まちあかりを灯す、みんなの縁側ギャラリー更新中!」 T2P建築)

SKKK1923_R.jpg

インパクト抜群の大きな囲炉裏!
1階の天井を取り払う大胆なアイデア。ここできりたんぽ会などを開くのでしょうか・・・?
(登録番号57 「街の暖炉」 dugout associates 渡瀬 育馬)

SKKK1934_R.jpg

こちらは各設計者によるプレゼンテーションの様子。
公開審査なのですが、発表者も審査員も真剣そのもの!
建築関係の専門用語が飛び交う場面は、私には理解するのがちょっと難しかったかも・・・・・・でも、かもや堂に対する熱意ははっきりと感じました!

SKKK1932_R.jpg

今回の審査委員は、竹内昌義さん(建築家・東北芸術工科大学教授)、ヨコミゾ マコトさん(建築家・東京藝術大学教授)、中村 政人さん(アーティスト・東京藝術大学教授)、そして藤里町民からなるReデザイン委員から、中嶋智哉さんと佐々木文香さんの2名。
合計5名による審査が行われました。

厳正なる審査の結果、選ばれた作品は・・・・・・


・最優秀賞 

登録番号1 建築設計事務所イーハンスタジオ  櫻井嘉八

「歴史と光」


SKKK1936_R.jpg
0000004052002.gif
0000004052003.gif


・優秀賞

登録番号31  KSA/住谷素子・垣田淳 
「ニワ・縁側・間」


・佳作

登録番号12 4FA一級建築士事務所 江泉光哲
「人と町を繋ぐまちあかりサロン」
      
登録番号35 ピークスタジオ一級建築士事務所  佐屋香織/藤木俊大/佐治卓/小澤祐二
「コミュニティチムニー」
   
登録番号60 有原寿典
「変わっていくことと、変わらずにいることの、丁寧な選択」


以上、5作品が入賞いたしました!
最優秀賞に選ばれた「歴史と光」は、来年3月、藤琴商店街にその姿を現します!!

生まれ変わったかもや堂の姿、早く見てみたいですね。
新しいかもや堂が「使い手に灯がともり、行きかう人々も温もりを感じるまちあかりスペース」として
沢山のご応募、ありがとうございました!!
      
生まれ変わったかもや堂を、みなさんどうぞお楽しみに!!

成


     

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。