スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白神の花たち

 今日は田苗代湿原の花を紹介します!

 春が終わり、ミズバショウやエゾリュウキンカは終わりましたが、
 
 キツネノボタン
 キツネノボタン


 
 ミツガシワ
 ミツガシワ


 このような植物が咲いています

 岳岱も、夏が近づき、より一層緑豊かになっています。

 
 しばらく観察会などのイベントはありませんが、次回は8月12日(日)遺産センター活動協議会主催の「真夏のブナを見る集い」があります!
 真夏の緑濃い岳岱や太良峡、田苗代湿原を歩きます!

 ぜひ参加しませんか

 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ミズバショウ生物の分類|分類(APG植物分類体系)ミズバショウ(水芭蕉 ''Lysichiton camtschatcense'')は,サトイモ科の多年草本。湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開く。これが花に見えるが仏炎苞は葉の変形したものである
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。